子どもの車内放置撲滅キャンペーン

  • 2019.07/01

幼い命を守る!車内放置事故根絶にむけて…
全日遊連の全国各ホールでは、駐車場の車内に幼児が放置されて熱中症で亡くなられたり、親御さんが目を離した隙に事故に遭われるような痛ましい事故を根絶するため、お子様連れでのご来店を固くお断りしています。
また、こうした幼児の事故防止の取組みの一環として、事故防止ポスターの掲示、店内アナウンスによる注意喚起、ホールスタッフによる駐車場の定期的な巡回などを実施しています。 車内に残されたお子様を見かけたら至急通報をお願いします。

次代を担う幼い命を、こうした悲しい事故から守るためにも、お客様がお車でホールに来場された際、またお帰りの際に、駐車場内やその周辺で、車内に放置されたお子様を見かけましたら、至急、ホールまたは警察署への通報をお願いします。 幼児の車内放置事故根絶のため、皆様のご理解とご協力をお願いします。

東横グループでは万が一放置事故を発見した場合は刑法37条『緊急避難』として人命を最優先し車の窓ガラスを割って救出します。

車内放置は「児童虐待」です!
ホール駐車場における車内放置を含め、「児童虐待」を発見された際は、各児童相談所、もしくは警察に通報してください。

巡回
東横グループの駐車場保有店舗では、痛ましい事故を未然に防止するために日没後もホールスタッフと駐車場警備員が駐車車両内部を照らして確認させていただいております。

巡回中は客様のお車を確認させていただく場合もございますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

NO!車内放置「子どもの車内放置撲滅キャンペーン」